【スタッフのおすすめ】府中家具職人が丁寧に仕上げた、モダンなブックシェルフ

江戸時代から続く伝統工業に、モダンなデザインを施したすてきなブックシェルフ。広島県府中市の家具職人の手作業で、天然の木から一つ一つ丁寧に作られています。お部屋やオフィスをモダンで暖かみのある空間にしてくれます。

 

府中家具とは?

広島県府中市で家具づくりが始まったのは、今から300年ほど前。大阪で箪笥の製法を習得し、帰郷後に製作し始めたのが始まり…と言われています。

その後、府中家具は他の家具産地に先駆けて「婚礼家具セット」を開発します。「婚礼家具セット」は高度成長期に全国で大ヒット。府中市は高級家具の産地として有名になっていきました。そのデザインや高い技術力が認められ、コンクールで数々の賞を取得しています。

 

天然の木で生活の中に暖かみを

こちらのブックシェルフは、メルクシパインというマツの木から切り出した、天然の木材から作られています。マツの木は節が多いため、パイン材はところどころに節が入ります。その節が、味わい深い木目となり、ナチュラルな風合いをかもし出すのです。

使えば使い込むほどに飴色に変化していくのも特徴です。年数が経ち色がきれいに入ってくると、とてもすてきなアンティークになっていきます。
時とともに、味わいが出てくるのが楽しみですよね。

 

モダンで使いやすいデザイン

ユニークなツリー型のデザインは ”見せる収納” としてインテリアのポイントになります。

オフィスではデスクの上に。上段に本や資料を、下段にはカップやシュガーを置いてカフェスペースに。
ベッドルームではサイドテーブルの上に。本やマガジンと一緒にライトやお花を飾り癒しのスペースに。
リビングではソファーの横に。お気に入りの本やマガジンを置いて癒しのスペースに。

ミニマムでシンプルなデザインは北欧風やモダン、ナチュラルなど様々なスタイルに合い、部屋をおしゃれに飾ってくれます。

サイズオーダーも可能で、サイズを変更したり、段を増やすこともできます。用途やライフスタイルに合わせた、”自分だけのブックシェルフ”を作ることができます。

 

すべて天然素材で作られています

組み立てや塗装まで、すべて天然素材にこだわって作られています。
組み立てはビスを使わず、自然の材料だけを使い、塗料は古くから防水・防腐材として使用されている「柿渋」を(ダークブラウン) ナチュラルカラーの物にはウレタン系の仕上げは施さず、自然由来の物を使用しています。

素材からデザイン、技術までこだわりの詰まったブックシェルフ。長く愛用したいすてきなアイテムです。

 

購入はこちらから

 

 

UA-93580511-1